toggle
2020-06-22

しみ・そばかすの原因に!日焼け対策におすすめの食べ物とは?

Pocket

梅雨が明けると夏がやってきます。太陽の日差しは心を晴れやかにしてくれる一方で、紫外線を気にしている人も多いのではないでしょうか。 紫外線は日焼けの原因となりますが、日焼けはシミやそばかすを引き起こしてしまうということまでご存知でしょうか。 子どものときにたっぷりと浴びた紫外線は、大人になってから嫌な形として現れてしまうものです。 ここでは、「シミやそばかすは食べ物で防げる?」をテーマに、日焼け対策によい食べ物を紹介していきます。


シミやそばかすの原因は?

まず、日焼けの原因となる紫外線にはたんぱく質を変性させる作用があります。このたんぱく質の変性によって、皮膚を老化させたりガンを発生させたりするのです。 日焼けをすると肌が茶色くなりますが、これは紫外線から身を守るための防御反応と考えられています。 紫外線には波長があり、3つの種類に分けられています。UVA、UVB、UVCが紫外線で、日焼けの原因となるのはこのうちUVBです。 UVBが皮膚の表面付近で吸収されると、皮膚はメラニン色素を作って身体を守ろうとします。通常、メラニンは自然に剥がれ落ちるのですが、沈着してしまうことでシミとなってしまうのです。


シミ・そばかす対策の基本

もちろん化粧品で対策する、内服薬を使うなどのいろいろな対策法があります。日焼け予防には日焼け止めも欠かせません。 食事からも対策をしたいという人のために、シミ・そばかす対策におすすめの成分を紹介します。

シミ・そばかす対策には抗酸化成分をとろう

紫外線は身体の中で活性酸素を発生させます。活性酸素は皮膚の脂質を酸化させてシミを作りやすくしてしまうのです。この作用を打ち消すためには抗酸化作用のある成分がおすすめです。

■カロテノイド

βーカロテンなどのカロテノイドは代表的な抗酸化成分。緑黄色野菜などの色素成分であるので、色の濃い野菜をしっかりと摂取しましょう。色の濃い野菜は紫外線をたっぷりと受け、実を守るために強い抗酸化力を備えていると考えられています。

■抗酸化ビタミン

人にとって必須成分であるビタミンにも抗酸化作用を持つものがあります。それがビタミンCやビタミンEです。これらのビタミンはいっしょに摂ることで相乗効果が期待されるので、彩りの鮮やかな野菜を何種類か組み合わせて摂るようにするとよいでしょう。 特にビタミンCにはメラミン色素の生成を抑えたり色素を沈着させるのを防いだりする働きも持ちます。


日焼け・シミ・そばかす対策のおすすめ食材まとめ

それではここで、具体的な食品名を挙げてシミ・そばかす対策に適したものを紹介していきます。
カロテノイド にんじん→βーカロテンが野菜の中でもトップクラスに多い。
トマト→色素成分のリコピンには強い抗酸化作用がある。
ビタミンE 赤ピーマン →100g中に4.3mgのビタミンEを含む。βーカロテン、ビタミンCも多く含んでいる。
モロヘイヤ→100g中に6.5mgのビタミンEを含む。ビタミンCも豊富。そのほかβーカロテン、ミネラル、食物繊維も多い。
ビタミンC ピーマン→100g中にビタミンCを76mg。黄色や赤など完熟度が増すほどビタミンCの含有量がアップする。
キウイフルーツ→100g中にビタミンCを69mg含む。強い抗酸化力を持つポリフェノールも含んでいる。

効果的な食べ方

食品をそのまま食べるだけではなく、組み合わせ方によってその効果がアップすると考えられています。

■カロテノイド×油脂

カロテノイドは脂溶性で、油や動物性の脂質といっしょに摂取すると吸収率が高まるとされています。炒め物やサラダのオイルドレッシングと合わせて摂るとよいでしょう。

■ビタミンC+ビタミンE

先にも説明したとおり、ビタミンCとビタミンEはいっしょに摂取すると抗酸化力がアップします。ビタミンCが多い野菜は、ビタミンEの多い植物油やナッツを加えたドレッシングなどでサラダにして食べるのがおすすめです。


まとめ

シミやそばかすのあるお肌は年齢を感じさせてしまいますよね。一度できてしまうと自力で消すことは難しく、皮膚科でレーザーをするなどの対処が必要になります。 シミやそばかすは、まずは日焼け対策をすること。そして、抗酸化作用のある食品を積極的に摂取して、内側からきれいを目指していきましょう。
フィスホワイト
ランキング参加中!よろしくお願いします!
youtubeチャンネル『JAZZクッキング』
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA