栄養士会が厚生労働省に要望書を提出!2016年の診療報酬改定について


2年に1回の診療報酬の改定の時期がもうすぐやってきます。
医療に携わる管理栄養士として、私もその内容を一刻も早く知りたいところなのですが・・・

スポンサーリンク

今のところ完全にはっきりとわかっているのは入院中の食事の患者負担額が上がるということ。
現在は1食260円ですが、2016年には360円、そして2018年には460円となってしまうみたいです。
低所得者は据え置きで現在のまま変更はないのですが、一般所得の患者さんに適用となっています。

これは、在宅で療養している患者さんとの平等をはかるものだそうです。
家で療養をしていて調理をしてくれる人がいる場合には食材費の代わりにそのための調理費もかかっています。
病院に入院をしている場合の食事には今までその調理費というものが考慮されていないかったということが理由だそうなんですが、

ん~なんか微妙。
無理やり上げる理由を付けた!という感じがしました。

病院としては、材料費に関する部分は何も変わらないので、患者さんから不満の声が上がるリスクが高くなったという感じですかね。
給食内容の充実をはからないと・・・(同じ予算で?え、無理でしょ・・・となってしまう)

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

それと、栄養士会のホームページに掲載されていたのですが、平成28年度診療報酬改定に関する要望書というのを読みました。
読めば読む程、私が思い描いていた管理栄養士像に近づく気がして嬉しくなったのですが・・・
どれだけ要望書が通るのか?そこが問題。栄養士ってなんか立場弱そうだし。

一番は管理栄養士病棟業務加算というのが気になりました。
私は管理栄養士は厨房にいるもんじゃないと思っている人間ですので。
もっと患者さんと近い距離でお話ができたらいいのになぁ~とずっと思ってます。

患者さんだってきっと思っているでしょう。

さて、こうなるといよいよ年明けの改訂が楽しみです。
もっと管理栄養士という仕事が医療の分野で認められますように。

 

「平成28年度診療報酬改定に関する要望書」はこちらから読めます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

楽天おすすめ商品

amazon

twitter

ブログランキング参加してます!

皆さんの応援で頑張って記事を書いて行けます。
応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

応援クリックありがとうございましたo(^-^)o

相互リンク集

ページ上部へ戻る