toggle
2020-04-30

吉野家のカロリー一覧表

Pocket

人気牛丼チェーンの吉野家は、牛丼のみならずカレーやから揚げ丼などさまざまなメニューを取り揃えています。 吉野家はサイズ展開も幅広く、自分に合った量を選べるので子供でも大人でも通いやすいお店ですよね。 このページでは、吉野家のメニューから一部を抜粋してカロリーや栄養成分を詳しくみていきたいと思います。


丼もの(牛丼・牛カルビ丼・うな重)

牛丼の小盛りと超特盛りの差は約3倍です。女性では2食分のカロリーに値することもあるので特盛りや超特盛りは注意した方が良いでしょう。 鰻丼はカロリーも高いですが、たんぱく質もとても多くなっています。1食で60g近くのたんぱく質を摂れる料理はなかなかないでしょう。 量が多くなるほど塩分量も高くなるので気をつけましょう。


皿盛り(牛皿・牛カルビ皿・鰻皿)

ごはんを別に頼むことになりますが、主食を控えていたり糖質制限をしていたりする人には嬉しいメニューですね。 こちらもうなぎを見るとかなりたんぱく質が多いです。ただ、1食で50gも必要とする人はほとんどいないので、1〜2枚で抑えておくのがベストだと思います。

牛生姜焼き系

牛丼とは違い、生姜の風味が香る生姜焼きシリーズも人気です。 主に牛カルビなのでカロリーは高めですが、皿盛りもあるのでご飯の量を調整することは可能ですね。 また、牛肉だけではなく豚肉もあるので、好みで選ぶことが可能です。


カレー

吉野家は牛丼チェーンですが、カレーの種類も豊富です。
吉野家に行ってカレーを選ぶ人は少数派かもしれませんが、カレーと牛皿…なんて組み合わせもなくはないですね。

揚げ物系丼

唐揚げのカロリーが高いのは周知のことだとは思いますが、これに更にタルタルソースが加わると大変なカロリーになってしまいます。 成長期の学生やスポーツマンなら良いかもしれませんが、一般の人で1食1000kcalを超えるというのはあまりないことです。 食べる頻度や選ぶサイズ、組み合わせ方には十分注意したいですね。 吉野家メニューの栄養成分やカロリーはこちらからチェックできます。ここでは全てを載せることはできなかったので、気になるメニューがあればこちらから確認してみてくださいね。 https://www.yoshinoya.com/pdf/allergy/
ランキング参加中!よろしくお願いします!
youtubeチャンネル『JAZZクッキング』
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA