toggle
2016-04-19

今年のトレンド!パワーサラダについて調べてみました!

Pocket

762af5fac8874d8e9180602303db183e_s

はじめに

海外発のボリュームたっぷりの健康食、パワーサラダというものを知っていますか!?

じわじわと人気が出ているサラダで、不足しがちな栄養素が一度にドンと摂れるという優れもの。2016年、絶対にブームがやって来ます!ぜひこの機会にパワーサラダについて知識をつけておきましょう。

パワーサラダってどんなサラダ?

日本人は慢性的に野菜不足であることが度々問題とされています。実際の摂取量の平均値は約280gと、厚生労働省が推奨する1日の野菜の摂取目安量350gという量には届いていないのが現状です。また、果物の摂取量も不足しているとされており、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足が心配されています。

最近では、カロリーは足りているのに、必要な栄養素が不足している新型栄養失調という言葉もあり、現代人の栄養不足は深刻な問題です。なんとなく調子が悪いと感じることが多く、原因が不明であれば、それはもしかしたら必要な栄養素が足りていないのかもしれません。

パワーサラダは、このような栄養素の摂取不足を解消し、さらにタンパク質を一度にとることができるように、様々な栄養素がギュッと凝縮されたとてもバランスの良いサラダとなっています。

パワーサラダに必要な材料は、「野菜・果物・タンパク質・トッピング」。これといった決まったレシピはなく、自分に好きな材料を組み合わせてオリジナルサラダを楽しめます。

どんな材料をどのくらい使うの?

10bfe8536d3bdfbb1c9f06dee5123368_s

サラダを作るときの材料や量については決まりはありません。1食分の量の目安としては、1日の摂取目標量の半分の野菜175g、果物100gを目標にしてみましょう。さらに野菜の使用には、緑黄色野菜と淡色野菜を組み合わせることで色々な栄養素を摂ることができるようになります。材料を変えながらアレンジを楽しみましょう。

たんぱく質源となる食材には鶏肉やシーチキン、豆腐、卵、豆類などがオススメです。鶏肉は皮をとって、シーチキンは水煮のものを使用するとオイルカットができますね。

トッピングはなくても構いませんが、ナッツ類やゴマなどを使用するのがオススメ。豊富なビタミン・ミネラル類が入っています。

ドレッシングにはできればノンオイルのもの。なければオリーブオイルを使って、塩とオイルだけでも十分。素材の味を楽しみましょう。

オススメレシピ

マンゴーとエビのパワーサラダ

リンゴとグリルチキンのパワーサラダ

ロメインレタスとリンゴと鶏肉のパワーサラダ

まとめ

彩りも良く、見た目もオシャレで栄養満点のサラダはどんな場面でも喜ばれるはず。お客さんが来た時のおもてなしに、ちょっとしたパーティーになど、是非活用しましょう。

ランキング参加中!よろしくお願いします!
youtubeチャンネル『JAZZクッキング』
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA