toggle
2020-06-20

タンパクトカフェオレはダイエットに良い?糖質はどのくらい?

Pocket

市場を賑わせているタンパクトシリーズ。今回はパックタイプのドリンクカフェオレを購入してみました。 実は以前、もう一つのミルクの方についてまとめています。こちらもよかったらご覧ください。 SNSを見ていると、ミルクよりもカフェオレが人気のようです。パックドリンクはオフィスや学校でのランチなどに飲むのかなというイメージです。あまり牛乳を飲んでいる人っていないですしね。 タンパクトカフェオレはダイエットに効果が期待できるのか、カロリーや糖質はどのくらいなのかを中心に見ていきましょう。
webで価格を比較する


タンパクトカフェオレのカロリーや糖質

早速ですが、タンパクトカフェオレのパッケージに記載されていた栄養表記は次のようになっていました。
1本あたりのエネルギー80kcal、たんぱく質10g、脂質0g、炭水化物10.1g、カルシウム331mg、ビタミンB6 0.65mg チルド飲料やパックタイプのコーヒー飲料ってカロリーがかなり高い気がしていたので、100kcal以内に収まっているのには驚きました。 普通の牛乳のたんぱく質量は、200mlあたり6.6gとなっていますので、タンパクトのカフェオレはそれよりも3gほど高いということになります。 たんぱく質は筋力維持ダイエット時の代謝サポート、筋肉増強に欠かせない栄養素とされています。普段食事の偏りがあって、肉や魚、卵などの摂取が足りない人はこういうものからコツコツとっていけるとよいですね。


タンパクトの糖質について考える

表記を見ると糖質という項目はありませんでした。炭水化物というのは、糖質と食物繊維を合わせたものです。カフェオレには食物繊維はほぼ含まれていないと考えられるので、この場合の炭水化物はほぼ糖質であると考えてよいでしょう。 つまり、タンパクトカフェオレの糖質は約10gといえます。牛乳200ccあたりの糖質は9.6gなので、牛乳と同等の糖質が含まれているということになりますね。決して多い量ではないので、ダイエット中の方も安心して飲んでも大丈夫です。


タンパクトカフェオレはダイエットに良い?

糖質とともに気にしておきたいのが脂質の量。このタンパクトカフェオレの最大の注目ポイントは脂質がゼロという点です。 実は、タンパクトミルクの方は1本あたりに脂質が3.2g含まれています。どちらにしても微量なのでそこまで気にする程度ではないのですが、なるべく脂質の摂取を抑えたいという人にはカフェオレの方がおすすめともいえます。 私(管理栄養士)は、タンパクトカフェオレはダイエット中でも安心して飲むことができると結論付けました。 ただし、飲んだからといって痩せるという保証はありません。筋肉の材料となるたんぱく質の摂取をできるということですが、筋肉は運動をして鍛えられるもの。 まずは普段の食生活の見直しと、少しずつでも運動を始めることを大事にしてみてください。
webで価格を比較する


ランキング参加中!よろしくお願いします!
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA