toggle
2020-03-30

知っておきたい調理の豆知識「火加減と水加減」の目安

Pocket


料理は繊細なもので、加熱による水の蒸発具合や水の量によって仕上がりが変わることもあります。 普段なんとなく使っている言葉でも、実は細かく決められているということをご存知でしょうか? ここでは、一般的に用いられる「火加減と水加減」の目安について解説していきます。
スポンサーリンク

火加減の目安

炒めるときは強火、長い時間煮込むときは弱火…など、自分のなかで大まかな火加減を決めていることもあると思います。 レシピ本をみると、「ここは強火、その後中火で…」と指定されることもありますよね。 火の強さの目安は決まっているので、レシピ通りに調整することでより美味しい料理に仕上がります。
鍋からはみ出すほど火を強くしてしまうと、かえって熱効率が悪くなります。 また、ガス代も余分にかかってしまうので、鍋からはみ出さないように注意しましょう。


水加減の目安

水加減は味付けにも関わる要素です。 普段何気なく使っている言葉にも意味があるのは興味深いですね。
料理によって、適した水加減が異なります。 言葉の意味を覚えて、レシピ通りに作りましょう。
ランキング参加中!よろしくお願いします!
youtubeチャンネル『JAZZクッキング』
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA