toggle
2016-02-28

痩せるために知っておきたい栄養バランス

Pocket

ここ何年かの間に、いつの間にか常識になりつつある「糖質制限ダイエット」ですが、密かにその危険性について警鐘を鳴らす派の人たちに白旗が上がりそうな雰囲気にあります。

なんと、そのブームを作った第一人者の方が心不全となり、突然亡くなってしまったのです。

ストップ

糖質制限との関連性はないということでしたが、 冷静になって考えてみて下さい。
「炭水化物を食べない」生活って怖くありませんか?

スポンサーリンク

私たちのカラダの全ては脳によって動かされていますが、その脳に届く栄養素って炭水化物(ブドウ糖)だけなんですよ。

その炭水化物がカラダに入ってこないと脳が動かなくなる、ってことになります。

(本当は緊急の回路が働いて、生きるために必死になって頑張ってくれるので無事に生きていられるんですケドね・・・)

栄養バランスって本当に大切で、崩れている状態でダイエットをしてもまたリバウンドして元に戻ってしまうか、全然結果が見えてこないかっていう悲しい状況になってしまいます。(時間が無駄になる・・・)

 

せっかくダイエットをするなら、カラダにも安全で、リバウンドしないような正しいダイエットをしたいですよね。

和食

ダイエットの基本3原則!

①主食となる炭水化物を必ずとる!
先にも話した通りです。
極端に制限してしまうと、頭がぼーっとしたり、眠気が来て「ちょっとヤバい」状態になります。
1日の摂取エネルギー量の50~65%くらいは炭水化物から摂取してください。

 

②主菜を揃える
お肉やお魚、卵などたんぱく質が含まれているおかずを、メイン料理として毎食とり入れましょう。
たんぱく質は血液や筋肉を作るもとになります。
筋肉がないと代謝が低下してしまうので、ダイエットも思うように効果が見えません。
リバウンドしないカラダを作る為には筋肉を維持していくことが大切なのです。

 

③副菜からビタミン・ミネラルをとろう
野菜や海草・キノコ類に含まれているビタミンやミネラル。
意識していないとすぐに不足してしまいます。
私たちのカラダの中で起こっている色々な代謝にはこれらの微量栄養素が必要です。
脂肪を効率よく燃やすため、また体の調子を整えるためにも、しっかりと「野菜のおかず」を揃えましょう。

 

まとめ

食事の量を減らすだけでは健康的には痩せられません。

せっかく痩せることができても、顔色が悪かったりふらふらしていては何も魅力を感じませんよ!

栄養バランスをしっかりと考えて、正しく食べながらダイエットを行い、健康で魅力的なカラダを手に入れましょう♪♪

 

ランキング参加中!よろしくお願いします!
youtubeチャンネル『JAZZクッキング』
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA