成長期に必要な栄養素ってどんなもの?


fbf9e830b813faf1aeae4accafce0b1f_s

はじめに

成長期は、男子であれば中学生、女子は小学校高学年から中学生にかけてが一般的な期間です。この期間には人生の中で最も身長が伸びる時期であり、特に男子においては一年間で10cm近く伸びることもあります。

この成長期は、身長を伸ばすためのラストスパートをかけるとても大切な期間であり、特に身長が高い=かっこいいと憧れを持つことが多い男子においては、最大限に活用してできるだけ身長を伸ばしておきたいところです。

身長を伸ばすためには、食事から十分な栄養を摂ることが重要となってきます。栄養バランスを整えることはもちろんですが、成長のために特に大切とされている栄養素がありますので、そのポイントについて説明をしていきます。

スポンサーリンク

たんぱく質

たんぱく質は筋肉や血液を作る材料となる、私たちにとって必要不可欠の栄養素です。さらに、ホルモンや酵素を作る材料としても使われます。成長期の子供にとっては特に重要な栄養素で、タンパク質の必要量は各年代の中で1番多くなっています。

【たんぱく質が多く含まれる食品】肉・魚・大豆・大豆製品・乳製品、卵

カルシウム

30808f1df77272f2d0c34ff207cb71ce_s

カルシウムは骨や歯を構成しています。骨密度は20歳でピークに達するため、その後徐々に減っていきます。大人になってからは骨密度を維持することはできても高めることはできないので、それまでの間に十分なカルシウムを蓄えておく必要があります。カルシウムは骨を強くするだけではなく、骨粗鬆症の予防にも繋がります。

【カルシウムが多く含まれる食品】乳製品・小魚・ほうれん草など

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムとともに、骨や歯を形成しています。また、血液や筋肉などの細胞にもマグネシウムは存在し、その細胞内のマグネシウムが減少すると、貯蔵されていたものを分散させて筋肉の収縮と弛緩を調整しています。カルシウム:マグネシウムの比率が2:1となるように摂取することで十分な効果を発揮できるようになります。

【マグネシウムが多く含まれる食品】アーモンド・ピーナッツ・木綿豆腐・ほうれん草など

亜鉛

亜鉛の体内での量はわずかですが、成長に欠かせないホルモンの原料となるたんぱく質や、遺伝子を作る時の酵素に含まれています。細胞が生まれ変わる場所(新陳代謝の盛んな場所)には必要な栄養素です。
【亜鉛を多く含む食品】牡蠣・納豆・レバーなど

 

まとめ

以上、成長期に特に重要とされる栄養素4つについてまとめました。他の栄養素においても、過不足なく適切な摂取をしていくことが理想ですが、特にこの4つの栄養素は不足しないように心がけてくださいね。毎日の積み重ねが大きな成長のカギとなること間違いなしです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

楽天おすすめ商品

amazon

twitter

ブログランキング参加してます!

皆さんの応援で頑張って記事を書いて行けます。
応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

応援クリックありがとうございましたo(^-^)o

相互リンク集

ページ上部へ戻る